夏には表現される滋賀の出会い

2019.08.31 Saturday

0

    雨の後、太陽の反対側の空に現れるアーチ型の7色のベルト。夏のシーズンは、多くの場合、夕方後に表現されます。

    恋をすると虹が現れる
    (清水和子)
    水の虹を暗くする
    (千田洋子)滋賀の出会い
    だから虹に目覚めた
    (新井幸子)
    虹の始まりを忘れて
    (石神田)
    虹の二重神も愛した滋賀の出会い
    (津田K子)
    虹は音を立てずに立ったり消えたりする
    (山口はつめ)

    「春の虹」という季節用語もあります。
    これは、簡単に消えるさよりも強力です。

    虹を見ると、どの色が一番印象的ですか?滋賀の出会い

    愛の汗をかいた髪人形
    さわやかな肌と汗

    七夕と五色の糸

     

    滋賀出会い

    素晴らしい七夕の夜のにおい

    *姫路の関のセキモリは眠るひよこです
    (古書集/及原/平)滋賀の出会い

    折り鶴の雨の七夕

    季節の言葉は「汗」であり、3つの夏の季節の言葉です。子供時代の言葉は、ボールの汗、汗、汗、汗、汗です。
    夏以外で汗と俳句を書くと、季節が重なるでしょう。

    季節は七夕と初秋の季節
    幼年期の言葉は棚機械、棚、七夕祭り、スターフェスティバル、スターセレブレーション、スターハンド、スターフォール、今夜スター、スターソング、wの葉の露滋賀の出会い

    関連する季節は、天の川、Kの葉、洗濯、庭のre琴、星子、志牛、織、Kの橋、Tsu木です。

    太陰暦の7月7日の夜、またはその夜のイベント。
    織姫と彦星が天の川を渡り、年に一度会うことが許される夜。滋賀の出会い

    コメント
    コメントする