夢に光を感じる滋賀の出会い

2019.08.31 Saturday

0

    庭の石に濡れたライトとスターフェスティバル
    (竹下夢二)
    竹下夢二は有名な画家ですが、生涯を通じて1256の俳句を制作してきました。これは夢二の七夕のフレーズです。それは新鮮な「光」の光だと思います。滋賀の出会い

    七夕と濡れた髪の人
    (橋本貴子)
    夢を見る女性はスターフェスティバルです
    (石川慶郎)滋賀の出会い
    七夕の心と雨天
    (Bas松雄)滋賀の出会い
    七夕の真実を尋ねる
    (正岡志貴)

     

    滋賀出会い
    「泡盛」
    泡盛と内臓の熱に触れてほしい

    滋賀の出会い
    季節の言葉は焼chu /西chu三夏期
    季節は泡盛、鳥取焼chu 、,焼Pot、そば焼chu、酒焼Sho
    日本の代表的な蒸留酒。過去には熱に酔っていました。今、彼は一年中好きな飲み物です。サツマイモ、小麦、米、そばなど。製造方法によりクラスAとクラスBに分類できます。乙女は本物の焼chuとも呼ばれます。もともと日本酒と比較して安い日本酒のイメージがありましたが、近年では滋賀の出会い焼chuやAm美諸島黒糖焼chuなど人気が出てきました。

    焼chuと黒蟻カニ
    (岸風三郎)
    それは二日酔いですか、それともアルコール依存症のビジョンを描いた俳句ですか?
    焼chu(夏)とアリ(夏)の季節が重なったフレーズです。

    ファントムと俳句。高浜京子は幻想を主観として否定した。
    主観的ではなく、見たものを撮影するだけです。すべての思考は主観、またはビジョンでした。
    鳥類防止の鳥グループであるアキ・タカヤド・アキは、「頭の中で白い夏の畑になります」と書いており、たとえそれが目に見えなくても、白い夏の畑でそれができた頭の中で想像した。滋賀の出会い
    窓の白い夏の畑と3本の桜のアリの説明は「頭の中」です。

    コメント
    コメントする