究極の大津のセフレを覚えています

 

究極のラブソング

こんな大津のセフレなんて考えたことがない

解散したあの人を覚えています…

 

あなたの目に乾杯! !!そうだった

昨日以降のパスタランチ♪

大津でもセフレは作れる!セフレとの出会いを探してみよう

 

大津のセフレとキャベツのトマトソース
スープとワインのスパゲッティ
わかった〜

アマゾンプライムでアニメを見ながら
リラックスした休日を

良い日曜日を
「新サント物語(京都版)」12「

 

とおるは涙を流している私にハンカチを差し出します。
あのハンカチで涙をぬぐいながら、徹が私に言った言葉、葵が私に言った言葉、今朝夫が私に言った言葉、私の頭の言葉が私の中にやってきた。
「ごめんなさい。結婚している涼子さんが答えられないことを言ってくれました。すぐに答える必要はなく、答えても大丈夫です。私のわがままな告白だと思います。」

徹の目が見えた。私をまっすぐ見つめる目。
そして、私は彼への答え、私の将来の人生でとるべき道を決めました。
「私は徹です…」

彼の49番目の誕生の日yは徹と嵐山で祝われました。忘れられない一日でした。

(京都版終了)
新三首都物語(京都版)” 11”

 

「大津のセフレは嵐山行きの電車に乗って考えました。今日涼子が来たら、何と言いますか?何と言いますか?もう後悔はありません。」
“はい。”